2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の喪中葉書のことで
やっぱり年賀状だけのお付き合いに
なってしまっている独身の時の同僚達と
メールで連絡をとった
思えば、いとこ達とも顔を合わせるのは
親族のお悔やみの時だったりするなぁ・・

今、帰りの遅い家族を待つ間、
思いつきでしまい込んでいた
クリスマスの飾りを出してみました
その中に大学1年になった末っ子が
学童保育で作ったマカロニをドーナツ型のダンボールに
貼り付けたリースが出てきました

沈んでいた気持ちが少しホンワカしてきました
スポンサーサイト

【No title】
こんにちは。
うちも年々喪中ハガキが増えています。
しかし同じ歳くらいの方の訃報は胸が痛いですね。

今年は被災地への年賀状をどうしようかと思案しています。
双子を産んだ福島と仙台で過ごした幼少期。
新年のお祝いを言うべきなのか・・・
来年は良い年になってほしいと願うばかりです。

息子さんのリース、ほっこりしましたね♪




【No title】
ゴジ母さん

コメントありがとうございます。
家の大黒柱も通風だ・・高血圧だ・・と。
無理はできない年齢になってしまったんですね。

被災地の方への年賀状、
文面、悩みますね・・
ほんとうに来年は穏やかな1年で
あつてほしいものです。

コメントの返事、これでできるのかな・・
ゴジ母さん、これからもいろいろ教えてください。
テンプレートの件、ありがとうございました。
この記事へコメントする















ちょみみ

Author:ちょみみ
平成16年1月4日生チワワの大和
6才の8月11日に家族になりました。

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。