2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年前、私は本当に運がよかったんです。

いつもより早く仕事から帰れることが出来て、
寄り道をしようと思っていたのにたまたま知人に会い話をしながら、
  まっすぐ自宅のある最寄駅に降りたその時でした。
降りた電車のつり革がぶつかり合う音・・
  グラングラン視界が揺れて・・・
     車が波打つように動くのを不思議な気持ちで見ていました。

慌てて・・家に帰るとキャリーの中にいた大和が
  ガタガタ震えて飛びついてきました。
電気も水道も止まり、何が何だかわからなくいた数分。

2年前の今頃は大和をスリングに入れ外で不安な思いでいたんです。

それでも・・夜には交通手段がなく家に帰れずとも家族全員と連絡も取れ、
 ラジオを聴きながら真っ暗な中で過ごした一晩。
屋根のある自分の家にいても怖くて仕方がなかった2年前。


震災後、東北で大学時代を過ごし就職をした長男の幼馴染は
  震災後の大変な中で一人仕事に明け暮れ頑張りすぎ
    23歳の人生を遠くの地でひとり深い眠りについてしまいました。
お悔やみにうかがった日はご両親は被災地の主を亡くしたアパートの片付けに
 出かけていて、直接ではないけど、震災被害者だよね・・・
     と孫に先立たれたおばあちゃんがつぶやいてました。

震災、震災被害でなくなられたかたがたのご冥福をお祈りすると共に
 まだまだ震災の苦しみの中におられる被災された方々が
  穏やかな気持ちで過ごせる日が1日でも早く訪れることを 
        心よりお祈り申し上げます。



     


スポンサーサイト

【】
こっちではそんなに揺れなかったけど
やっぱり、阪神大震災を思い出して恐かったです。
地震は予知できないので恐いですねー

ちょみみさんとこは、だいぶ揺れたんですか?
何も被害とか、怪我はなかったですか?
今日もテレビで特集していたので
あの時を思い出しては涙ぐんでしまいました。

犠牲になられた方の為にも
この教訓をいかしていかないといけませんね。
【つぶあんこさんへ】
あの時、私が降りた電車は24時間止まったままでした。
大和は一人で繰り返す震度5弱の地震で物の落ちる音に震えて走り回った挙句キャリーに入ったんだと思います。私に気がつくと抱きついてきたんです。あの様子は忘れられません。
あれから、2箇所にキャリーバッグを扉を開けておいてあります。



【】
関東もすごかったんですよね
私は息子が心配で心配で・・・・
息子さんのお友達の話
…悲しすぎます

ちょみみさん寄り道しなくて良かったですね
最寄りの駅に着いていて。
まだまだ復興は進んでないようですよね


【】
本当に驚きの連続でした
原発の恐ろしさを初めて実感しました
皆さんの毎日がどうか普通に戻りますように・・・
【】
ちょみみさん、こんばんは

今夜は夫もナーバス気分みたいで
(一番親しくしてた同僚と一番可愛がってた部下を亡くしました)
夫もあと数分で津波に呑みこまれるところでした。
逃げ足の速い夫でよかったです。

昨年以上に今年は無性にあの時のことが思い出されます
【pukurinさんへ】
仕事への影響も大きかったです。
使えなくなった建物もあって1週間休み、その後も仕事も減り、いろんなこと考えました。

ヤマキュンも関東にいらっしゃったんですか?
家は長男が都内のビルの10階で仕事をしていて連絡つくまで心配しました。

幼いときにはよく遊んだんです。辛すぎます・・声なき対面なんて・・。
【きっしぃさんへ】
北海道の雪の被害も悲しいものでしたね。
自然って時としては想像できないようなことが起きてしまうんですね。
普通に過ごせることを大事にしたいと思います。
【トトママさんへ】
仙台は大変だったものね。
こちらでもあれだけの揺れ。
本当に怖かった・・・。
大和のために仕事辞めようって考えたりもしたよ。
交通手段が遮断されちゃうなんて初めてだったかも。

ご主人、辛いね。
そばに居てあげてね。せめて今夜だけでも。

いつになっても忘れられないし、また来るかもと不安もなくならないよね。
【】
私の家も停電・断水が続いたのを思い出します。
私にはあっと言う間の2年でも
家族や知り合いを亡くした方は長い2年かもしれませんね。
遣る瀬無いです。
【】
そちらは酷く揺れたのでしょうね。
娘の大学の友達のご両親も亡くなった方がいるそうです。
卒業式も中止になりました。

復興に向け明るい話題もあるなか
家族の死から立ち直れずにいる方も多いと聞きます。
切ない気持ちでいっぱいです。
【】
辛い思いをされた多くの方々
まだまだ何も解決していない原発
2年の月日が経っても光の見えないままの方・・・
3年目は沢山の笑顔が見れる事を祈るばかりです

3.11は普通に生活できる自分の幸せを
感謝する日になりました

懸命に生きていかなきゃなー
【ピーチさんへ】
おはようございます。
今朝の新聞も胸のつまる話に家族が健康でいることをありがたく思わないといけないとつくづく感じます。
息子にもいい加減な生活に渇入れないと。
【エミさんへ】
末息子も東京の大学に合格してましたが、入学予定者にもかなりの数の方が震災被害を受けているとのことで入学式が中止で始業も遅れました。

この日が来るといろんな思いが溢れてきます。
【con spiritoさんへ】
大和みたいな小さな子が我が家のように一人で留守番してた子もいるんでしょうね。
あの日、たまたま偶然重なって早く大和の元に帰れたのは本当に幸いでした。
私の顔を見ると抱きついてきたことが忘れられないんです。
走りまわって怪我もせずキャリーに居てくれて本当にお利口でした。

頑張りましょうね・・アチコチ痛いけど、普通の生活できることをありがたく思いながら。
この記事へコメントする















ちょみみ

Author:ちょみみ
平成16年1月4日生チワワの大和
6才の8月11日に家族になりました。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。