2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼの中を散歩CAFIQJNP.jpg風が気持ちいいね

CAU2HHG7.jpg東の出窓にすだれをかけました
緑のカーテンが間に合いそうにも無いので、
大和が日中の留守番を少しでも心地よく寝られるように
優しい光が差してくれました
リビングの気温が上がるのを抑えられそうです

大和を抱き上げた時に悲鳴をあげ
膝蓋骨脱臼と診断されたのが5月15日でした
治ることはないので年齢を考えても早い手術がいいと言われ
家族で相談し、長男、娘も大和のためならお金を出すよ
と言ってくれ思い切って手術に踏み切ろうと思いつつ・・
ブロ友さんのお話から秋まで様子を見ようと先生にもその旨、お話しました。

それから一ヵ月以上経ちますが、足も痛みを訴えることもなく、
出かけた翌日も変わりない大和です
でも・・・CAH4JYA7.jpg大和の左足
何となく変形してる?
痛がらないなら手術させないっていう選択肢もありなのかな

悩むなぁ



スポンサーサイト

【】
その「変形してるのかも?」
の写真を先生に診てもらって判断してもらうってのも手ですよ!
病院ではそのポーズしないですものね!
ワンコって、痛みに鈍感だから判断が難しいですよね。
【Re: ひじままさんへ】
> 先生は歩き方の動画をビデオで撮ってくれてるんですよ。
> それも外へ出てまでオシッコやウンチをする様子まで
> (ちなみに歩行検査1000円)
> 老犬になってからの手術より早い方がよいと・・・。
>
> そうですよね・・・病院で相談するしかないですよね。
> 時間がもう少し経てば私の気持ちも変わるかもしれないけど。
> 今は走るし、背伸びするし、うっかりするとソファーにも飛び乗る元の大和なんですけどね・・・。ありがたいことです。
そうそう・・今はサプリあげてます。
アチコチ検索してよし!!と思ったもの3種類。おやつかわりに。
ちょっと、お高いの^^;)
可愛いわが子にエンヤコラよ。
【】
良心的な病院ですね!

老犬になってからの手術はリスクが高いですのもね。
手術より、なるべくだったら食事療法などの自然治癒が望ましいですよね!

かわいい我が子の為ならエンヤコラ!
ですね♪
【】
悩むところですよね。。
いぬのきもちで
みたんですが、かえるのようなお座り(ふせ)ポーズは
やはり膝蓋骨脱臼している子に多いみたいですね。

手術は1回で終わらないケースもあるみたいですね。

キャバリア飼っていた方は、
脱臼する間隔が徐々に短くなり、
しょっちゅう、しょっちゅう
外れる頻度が増えていき、手術に踏み切ったようです。

先生に頻繁に、すすめられているよう??でしたら、
セカンドオピニオン的に他の病院でのアドバイスを受けてみる
と言うのも手ですよ。




(あっ、でも費用、初診とられちゃいますけど。。)
【むーさんへ】
この寝方はそうなんですか?
うちに来た2年前からこんな感じですね。
小型犬って、こういうもんだと思ってました。

先生に言われたのは初診の時だけなんです。
その後は秋に・・・と言うことで経過観察で。
でも、治るものではないらしいですね。
コロさんは月に1度位あるのでしたっけ?

サプリが効して、あのキャン!!がない日を願いつつ、
無理ない散歩で筋力つけていかねば・・と思うのですが、
頭からは離れませんね。
【】
私は「手術しないんじゃなくて、手術する前にできる事をやっていこう!」という気持ちでいます。
例えばダイエット。先生からも「手術した後は3本足になるので、負担がないように体重は軽くしなさい。」と言われてます。たくさん散歩して、筋肉をつける事、カルシウムやグルコサミンをとらせる事。コンクリートではなく土の上を歩かせる事。
入院になってもさみしくないように、ゲージにいる事に慣れさせる事。病院に頻発に行く事。人や他のワンコに慣れさせる事。
それから楽しい思いをいっぱいさせてあげること。美味しいものもたくさんたべさせたい。残念ながら、麻酔から目覚められないワンコもいますからね…。
手術する日がいつか来るのか、来ないのかわかりませんが、日々、楽しく準備しています(^^;;
【】
おはよう

病気って難しいですねぇ~
様子をみて・・というのも又飼い主として考えさせられる面でも
あるし・・
人間だって手術というとリスクは色々ありますからね
まずは、大和君に何がベストなのか・・これしかないですよね。
ダイエット。これも大きな引き金かもしれませんねぇ

これからの季節、お留守をしている間は気がかりだよね
日中、快適に過ごせるようにしてあげたい気持ち、わかりますよ
【ともこさんへ】
コメント読んで気持ちシャキン!!としました。
そのとおりですよね!

ブログって本当にありがたいです。
今どうするか・・そうです。そうです。
ありがとう♪
【トトママさんへ】
トトママさん、いつも心配ありがとう。
ダイエットなんですよね。
まず1歩は。
心がけてます。おやつも最小限。
ついつい、沈みがちな病気のこと。
一番いいこと考えてあげて前向きにいきます。

留守番ない生活になりたいな・・・って暑くなると考えます。
【】
私も前にひかるのカエル脚が気になって、
病院で聞いたり、ネットで調べたりしたんですが、
小さいころから滑りやすいフローリングの上で過ごしていると
こんなふうな癖がつくことがあるそうです。
先生からは、そんなに過度に気にしなくてもいいよって言われました!

手術するにしても、それまでに身体をなるべく軽くして、
関節とか筋肉とか、できるだけいい状態にしたほうが
術後のためには絶対いいですよね!

私は、将来もしひかるが歩けなくなったとしても、
バギーであちこちお出掛けするのも楽しいかな~♪
と、あまり悲観的に考えないようにしてます。(^_^)
幸い、ひかるのことは、どんな状態になっても死ぬまで面倒みてあげられますし。(私よりひかるが長生きする可能性は少ないですよね。(笑))

大和くんは年齢からいって、
手術するなら今すぐ!ってかんじなんですよね。
手術の期待とリスク、術後の5年間の経過予想、
手術しなかった場合の5年間の経過予想など、
もう一度よ~く、よ~く、先生に説明してもらって、
やはり手術の不安が大きいようでしたら、
温存療法でいくのもいいかもしれませんね。

今の状態(痛がらない状態)をキープできるのかどうかをもう一度、病院で先生と相談してみては??
やはり悪化していきそうなのであれば、手術の価値があがるでしょうし、
それとも「もし歩けなくなってしまっても、バギーでお散歩したら楽しいね~♪」ぐらいの覚悟で付き合っていくと決めるのもいいと思います。

大和くんが手術を受けることのリスクがどれほど高いのか、逆に、それほどは高くないのか、よくよく先生と相談して、冷静に判断されてくださいませ!
どんな状態になっても、最後までできるだけのことをして、大切にするからね~。楽しく頑張ろうね~。・・・って考えると、気持ちが落ち着いて、冷静に判断できるかもしれませんよっ!ヽ(^o^)丿

あ!前に私のブログにコメントをくださった方の愛犬ちゃんたちは、グルコサミンのサプリメントとダイエットで膝の状態が良くなり、病院からお散歩禁止令が出ていたのが解除されたそうです!
努力は報われますね!!ヤマキュンも頑張って!!
【ひかるの飼い主さんへ】
診断を受けてからサプリを変えてみました。
グロコサミンに加えてコンドロイチンと緑イ貝をあげはじめました。できることのまず1歩として。
ダイエットも心がけてます。おやつは鹿肉五膳のみ(トイレのご褒美)
1ヶ月半経って、痛がる様子はないので手術なく過ごせれば本当にうれしいことです。
そうですね・・バギーでお散歩もありですね。
いつもの公園でバギーで元気に走り回るコーギーちゃんがいます。
飼い主さんも笑顔でお散歩しています。
大和に負担のない生涯を1番に考えていきます!!
幸い、先生は話もよく聞いてくださり、はっきりとものを言ってくれます。
大和の5年後(13歳)にも、いろんなところへ出かけられるような環境を作れるように。
親身なお話ありがとう。

今日は電車で鬼怒川にでも行ってこようかな。

この記事へコメントする















ちょみみ

Author:ちょみみ
平成16年1月4日生チワワの大和
6才の8月11日に家族になりました。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。